人形の美

歴史ある優雅な京雛と勇壮な五月人形は一生物ですのであなたと子供が納得できる物を買いましょう。
雛人形の専門店ならこちらのサイトをチェックしよう:京都島津

人形は日本に大昔から人々の間に根付いてきました。日本最古の人形は埴輪や土偶であり。そして次第に紙人形になり、織物技術が発達して麻や面、絹で作った人形が作られ、木彫人形などが作られて行きました。ちょっと見方を変えれば奈良の大仏様は特大なフィギュアかもしれませんね。

我々の間で一番身近な人形とは何でしょうか?おもちゃだと子供の、特に女の子が喜ぶような人形かもしれませんが、やはり一番我々の文化に根付いているのは雛人形や五月人形かもしれません。雛人形。これはひな祭りで使われているものですね。歌の1番は殆どの人が知っていると思います。替え歌なんてインターネットが影も形もなかった時代から同じ物が歌われていました。

五月人形だって同様です。五月人形はこどもの日、つまり端午の節句にて歌われていますが、これも歌を知らない人は少ないはずです。これに関しては何故か替え歌が見つからなかったですし、あまり歌われてなかったですね。雛人形に比べて五月人形が飾られている所はあまり見かけないかもしれませんが、それでも立派な人形が売られています。

今回は、そんな雛人形と五月人形のもととなったひな祭りや端午の節句、そして雛人形や五月人形のモデルについて紹介したいと思います。調べてみると、昔の日本の文化というものが分かりますので、日本史が好きな人はぜひ話の種にご一読ください。